ずっと考えてしまう「やっかいなもの」(執着)の捨て方。反芻思考(はんすうしこう)のとめ方

過去にあった嫌な出来事やライバルのことなんかを

寝てもさめてもずっと考えてしまうことはありませんか?

私はありました!

たとえば、心の中で勝手に命名してる「ライバルの女」が

また、抜け駆けして 自分よりも一歩先を行ってたり(気がしたり)

そういう時は、ずっと心にかかえてしまって

何度も何度もそのことを考えてしまっていました。

寝てもさめてもです。

一週間も二週間も・・・

出来事の強烈さによれば、1年や2年・・・10年や20年のこともあるかもしれません。

場合によっては死ぬまで考え続けてしまうこともあるでしょう!

そのほか、自分がやった失敗のことをずうっと考えてしまったこともありました。

こっちの方が(ライバルの女のことより)サイアクでした。

自分で自分を嫌いになってしまうからです。

その他、行きたい未来をいつも邪魔してくる存在、

また、ずっと小さな頃の(大人から受けた人権を無視されたような扱い)最悪な出来事など

これは 反芻思考(はんすうしこう) と言われるもので、終わりがない、繰り返す思考、です。

後悔、罪悪感、不安、嫉妬、

ありとあらゆる嫌なものが

頭の中を繰り返し繰り返しループし続けているなんて

こんな 消耗することはありません。

いいかえれば、大切なあなたの人生の一部を嫌なことを繰り返し考える時間として無駄に使っている

ということです。

それどころか、

自分のやる気がなくなったり、

能力を発揮できなくなったり、

病んでしまったり、不眠になったり、

いろんなことが意味なく思えてきたり、

とことん消耗してしまう。

いったい誰のための人生なんでしょうか???

なので、あなたの人生を取り戻すために

次の方法をお伝えします。

心の中の中心部にそれをおいてしまっているなら、

今すぐ取り出しましょう!

でもその時にひとつだけ、やって欲しいことがあるのです。

嫌なものを取り出します。

※紙に書いてもいいですし、イメージでもいいです。

絶対にすぐに何かを入れて欲しいのです!

そのことを考えなくてすむような、大きく心が弾むようなことがいいですね。

習い事、仕事、勉強などのワクワクする新しい挑戦でもいいですし、

遊びでも、カルチャーでもあなたの好きなこと

楽器やアート、ファッション、

旅行のプランを立てる etc…

「変身する」というテーマで、

今までと違う自分の見た目から入るのもアリです!

※嫌なものの大きさや深さに見合ったものが理想ですが、まずは小さくても いつもと違う何かを始めてみてください。

何かあなたの好きなことをはじめてみてくださいね!

そして、「やっかいなもの」を考えなくなってたとき

これが、執着を手放したということです。

あなたの人生が大きく前進します。

こちらの回でも、ぐるぐる考えてしまう反芻思考をとめるための

実践的なワークが載っていますので

ぜひご覧ください。

このHPのタイトル別←見やすいもの、ピンときたタイトルの記事からどうぞ。