毒実家を毒親育ちはとっとと出た方がいい理由

「毒実家(毒親と住んでいる今の家)を出ようかな。迷う。」「毒実家を出たいけどモチベーションがない」「家を出たいけど、勇気が出ない」と、お悩みの毒親育ちさんへ。

このブログを読むと:毒実家を出る決心がついたり、自分の気持ちがはっきりしたりします。

毒親育ちはなぜ毒実家を出ることで楽になるのか

毒親のせいで違う自分を演じている今のストレスフルな日常から、サヨナラできるから。

毒親育ちさんは、自分のキャラを親好みに合わせています。又は、逆に親が嫌がるキャラを演じている場合もあります。

どちらにしても、「本来の自分」から矛盾している自分の姿で生活しているのです。

本当の自分を押し殺して生きていかなくてはいけないなんて、辛いと言うだけでなく、仕事や人間関係、恋活や婚活など、人生のあらゆる面で、悪い影響がでてしまいます。

それに、なによりも、「自分は何が好きなのか」「自分とはどんな人物なのか」がわからない、もしくはわかりにくい状態が続き、

何を始めるにも「決断できない」「優柔不断」で、どんどん時間が過ぎてしまいます。

もちろんストレスも多大で、健康にも悪影響が及ぶ危険性も出てしまいます。

毒親に遠慮して感情を押し殺しているどんよりした毎日から、解放されるから。

想像してください。毒親にも誰にも遠慮せずに、四六時中、自分の感情や表現を自由にできる空間が持てれば、あなたはどんなにリラックスできることでしょうか?

誰にも遠慮せずに、自分の感情を感じて表現できれば、健康面はもちろん、仕事などにも良い影響が持て、好循環が生まれることでしょう。

今の不幸な状態・共依存などは、環境を変えることで、幸せにつながる

ここを読んでいる方は「不幸だな。辛いな」と感じている方がほとんどではないでしょうか?

それの何割かは毒親との共依存関係からの影響が大きいです。

共依存は片方がなんとかして解決するものではありません。

ですが、親の方からは共依存をやめてくれないのが「毒親問題の大変なところ」なのです。

あなたから環境を変えること、すなわち、家を出ること がとても大事なのです。

そうすることで、毒親から距離を取り、自分に自信を付けて行くことをスタートさせることができます。

決心さえしてしまえば、やり方は後でどうにでもなる。

「決心しても、そこからどうしたらいいのかがわからない」と言う方もいます。

ですが、まずは「決心すること」なのです。それがないと何も始まりません。

でもそれが怖いのであれば、「私が家を出ると仮定して…」として、まずはシュミレーションをすることで、段取りを進めていくこともできます。

決断は後回しで、実際に家を出て幸せに暮らす自分のイメージを持つのです。

その時あなたはどんな幸せな暮らしをしているのでしょうか?

毒親育ちが家を出る段取りの仕方

では実際に、家を出る段取りを細分化して考えてみましょう。

何ごともですが、タスクを大きな塊のままで考えていても、うんざりしてしまい、行動につながらないものです。

まずは紙に書き出します。

  • 新居
  • 費用
  • 相談に乗ってくれそうな人や組織
  • いつまでに出るか
  • 仕事をどうするか

そこからさらに、細分化していきます。

例)

新居

  • 今の家からどれくらい離れるのがいいのか
  • 生活費は毎月いくらあるといいのか
  • 家賃の上限
  • 最小限の持って行くもの

など、細かく書いていきます。

そこからさらに、家賃なら、「6万円まで」とか、数字を書いてみます。あとで調整も可能です。

金額が足りなくなるなら、家賃を下げたり、習い事を休んだり、服を買う回数を減らす、外食より自炊にする などなど、スマホの支払いをシムフリーにしたり、生活水準を下げることも検討してみてください。

家を出れない理由ばかりを探してしまう毒親育ちさん

途中であなたの意識が勝手に「家を出れない理由」を集めてしまうかもしれません。

心配しないでください。何かに挑戦するときとは、そういうことが起きるのはお約束なのです。

普通のことなのです。

ですがこういう時こそ、

「なんのために家を出るのか。その先に何があるのか」を思い出します。

  • 自分の人生を生きるため
  • 自分で毒のない家庭を作るため
  • 本当の自分に戻るため
  • 毒親の連鎖をいつか産むわが子にしないため
  • 毒親の家という(一見天国な、本当は地獄な)ぬるま湯から出るため
  • 独立した人間になるため
  • 自分という人物を知るため

いくつでも書き出します。

私はこういう一連の作業を「人生のための矢印」と言っています。

この人生の矢印がある人はぶれにくいのです。

そればかりか、勢いがあり、悩みにくい。

そして、忙しくなるので毒親のことで悩むことが馬鹿らしくなってきます。

そうです。もう始まっているのです。

あなたの毒親育ち克服物語はスタート地点にたてていますよ。

毒親育ち克服カウンセリング

タイトルとURLをコピーしました