失恋から立ち直る方法 女性メンタルコーチの体験談と克服方法 

私の過去の失恋体験談

ゆかさん(メンタルコーチ)
ゆかさん(メンタルコーチ)

もう今となっては昔のことですが、私も一度大きな失恋をしたことがあります。
その時の もう、絶望しかないという気持ちは今でもよく覚えています。
今回はそのことをまずはじめに書いてみますね。
思い出すだけでも苦しいですが、このブログでシェアしたいので頑張ります!

自分と相手を責めることをやめられない 苦しい反芻思考

いつも一緒にいた彼と別れて、すっかり気持ちが沈んでしまっていました。

寝ても覚めてもいつでもずっと自分を責めてしまっていました。不眠にもなっていました。

私の何が悪かったのか。
ああしたらよかったのか、それともこうしたらよかったのか?でも、、、という、答えのないクイズを永遠と心の中で解く作業を続けました。

相手のことも責め続けてしまいます。

卑怯だ! ずるい! 不誠実!と、相手(元彼)の悪い面ばかり思いだそうとします。

そしてその相手を選んだことや一緒に居続けたことにも後悔し

それでもまだ好きだこんな絶望のさなかにいるときこそ一緒にいてほしい相手なのに、、、、と繰り返し考えてしまっていました。
未練たらたら、反芻思考が止められないでいました。

これらの考えがとまらずに、恋愛というゲームの、また、これまでの人生の、負けを嫌でも認めるしかありませんでした。

部屋と未来が とどめを刺しにくる

・・そして、こういう気持ちのやり取りでさえ消耗するのに

朝から晩まで、部屋中のあちこちにはその恋愛の残骸を見つけてしまうのです。

写真だけではありません。元彼と一緒に本屋で買った本、取ってもらったクレーンゲームのぬいぐるみ、デートに来て行った服、靴、バッグ。
彼の好きだった曲、よく使っていたコーヒーカップ、等々・・・

相手と一緒に過ごした証拠、相手の抜け殻を目にし続けるのです

24時間、部屋全体がモンスターとなって襲い掛かってくるようでした。

ふと、これではいけないと思い、未来のことを考えたとしても、

元彼とはこういう予定だった、こうしようって誓い合った、果たされなかったいくつもの未来の予定が意思をもってしゃべりだします
「なぜオマエには果たせなかったのか!」と激しく強く叱ってきます。

心がズッタズタになりました。

逃げ場所はどこにもありません。

何の罰?ここまでの苦しみを私がなぜ背負わないといけないの?

と考えても、朦朧とした頭では全くわけがわかりませんでした。

失恋ストレスで鬱と拒食症(摂食障害)になってしまった

私はこの時、ちっともお腹が減らずご飯が食べられず、5キロあっという間に痩せました。

頬がこけ、体に力が入らずに猫背になり、不健康な痩せ方でした。ワーカーホリックになっていて、独り暮らしの部屋に帰るのが嫌で仕事に逃げ、不眠で、今から思うと鬱の症状もありました。

私のように拒食症や過食症などの摂食障害になったり鬱になったり、また私とは逆に、出社や登校できなくなったり引きこもる方もいるかもしれません。

この私の過去の例の様に、くやしいですが、脳や体まで症状が出る方も少なくないですね。

失恋が苦しいのは「自分との別れ」だから

そうなんです。失恋というのは、相手と別れることですが、自分との別れでもあります。
幸せだった気持ちや安心しきった感覚が根底から崩れ落ち、今までの自分でいられないし、予定していた自分にもなれないのですから。

これらのことからも、失恋は辛くて当たり前で、人を消耗させる魔物だということがわかります。

失恋の時は 自分の気持ちをとことん分かってあげよう

ゆかさん(メンタルコーチ)
ゆかさん(メンタルコーチ)

私のつらい失恋体験を読んでくれてありがとう~!
ここからは、失恋にどう対処していくかだよ
あなたの立ち直りのヒントがきっとあるよ!

もし失恋を乗り越えたいのであれば、今すぐあなたにしてもらいたいことがあります。
それは自分を俯瞰(ふかん)することです。

俯瞰とは

俯瞰とは、物事を少し離れた場所から見ることです。物事の全体像や自分のいる位置を把握することです。
そうすることで、見えていなかった事実や考えが見えたり、冷静になれたり、また、思い込みが外れたりします。

失恋に限らずどんな悩み事もそうですが、一度深呼吸をして、目を閉じ、自分を俯瞰してみましょう。

俯瞰して冷静に物事を把握してみましょう。それが失恋したあなたの初めの仕事です。

どれくらいの失恋の規模なのか、これまでの人生の一番の悲しみと比べてどうなのか。どれくらいのダメージなのか。

失恋した自分の気持ちをとことん感じきる

俯瞰したら今度は気持ちを感じきってみましょう。

「ああ、私は今、こんなにも辛く苦しいんだ。悲しいよ淋しいよ。憎いよ・・・ううう・・・でも好きなんだよ・・ううう・・」

「身が引き裂かれるほど苦しい、消えてしまいたいよ・・・あの人が去っていった世界なんてさみしいだけ・・ううう」

一人の時に、とことん気のすむまで声に出してみましょう。気持ちを感じきってみましょう
声に出せない時は紙書いても構いません。

ぐううっと心の底から気持ちを出し尽くすイメージです。
一時は苦しいですが、十分気持ちを出し尽くすと、を感じるのです気が済むポイントがあるのです。
そんな馬鹿な、と思われるでしょうが、やってみてくださいね。

聞き手になる

そうして、「そうなんだね。そう思うんだね。無理もないよ。わかるよ・・・。」
「いいんだよ、泣いてもいいよ。しっかり泣いてね。ここにいるからね」

自分が自分の親友になったつもりで、慰めてあげてください。暖かい飲み物も用意してあげましょうね。
ゆったりと自分を安心させてあげてくださいね。

失恋の後、前向きになるには

 

ある程度は時間の経過が必要かもしれませんが、少しでも、一瞬でも「前を向いていきたい」と思えてきたら、うまく進んでいる証拠です。
様子を見ながら視点を変えていきましょう
実際過去の私の実証済みでうまくいった方法を伝授しますね!
ただし 先ほどの俯瞰して気持ちを感じきるをやってからの方が、効き目がありますよ。

つらい時は「こういうこともある」と考える

くじけそうな時は「悲しいけど、嫌だけど、物事としてこういうこともある」と、繰り返し繰り返しつぶやくのです。

一見冷たそうですが、不思議と意外と納得いくのです。

「そうか、うまくいく恋愛があるということはダメな時もあるということか。」とか「たまたま今回ダメなパターンだったんだ仕方がない」など、思えたら本当に楽になりますよ。

「恋愛なんてマッチングだ マッチするかしないかだ」と考える

この考え方も楽になる考え方です。
誰が悪いとか、そういった視点を手放して、もっと大きな視点で考えます。
そうすると、恋愛はそもそもただマッチするかどうかというだけのことだ。今回はたまたまマッチングしなかっただけと思えてきます。

この考え方を取り入れると 相手のことも自分のことも責める必要がなくなるので、気持ちがとても軽くなります

「あの人はもうこの世にいない」と思い込む

もう会えない場合にのみですが、とっても楽になる考え方です。
それは相手をこの世にもういない人として認識することです。

ちょっと、びっくりしますか?

もう会えない人は=亡くなった人であるみたいな歌詞が知っている歌の歌詞にもあったので、これを口ずさんでいました。

あなたの命や未来の方が何倍も大事なので、もう会えない元カレ元カノには 空想上で亡くなってもらいましょう。

失恋を乗り越えるためにやるべきこととは?

結果はどうあれ新しいことに挑戦してみる

先ほどは失恋は魔物だと書きましたが、別の面も持ち合わせています。

それは 失恋は人を成長させる です。

少し時間がかかってでも、あなたはいつか失恋を乗り越え、立ち直ります。

その時のあなたはきっと自分の想像以上に成長していることでしょう。

私を含め、たくさんの方がそうであったように。

 

次の彼氏、彼女、妻、夫、その他パートナーを見つける心の旅に出ること

引っ越ししたり、趣味や仕事を新しく始めたり
またはそれらが以前と変わらなくても、新しい気持ちで取り組むなどなど

たくさんの挑戦をすることをどうかこわがらないでほしいです。
結果は結果、ダメなら作戦を練り直し、また挑戦したらいいのですから。
もうその時はあなたに、勇気が備わっているはずです!

私の失恋の乗り越え方(体験談)

ここでもう一度私の話をさせてください。
どうやって失恋を乗り越えたかです。順番に書きますね!

先ほど書いたこと全部をひとつづつ終わらせた後、まず転職をしました!

あと、カジュアルなバーに週一回通い続け、そこでバカ話や夢を語る仲間がたくさんできました

元彼との思い出の品を全部捨て、引っ越しまでしました200キロ離れたところにです(笑)

もう一度、自分の職業をとことん見直し、得意分野を生かせるところにまた、就職しなおしました

新しい土地でも通えるバー(笑)が見つかり、また、仲間が増えました!!!

とにかく

忙しくしました

そう。忙しくする=行動するってことですあれこれ考える暇を自分に与えませんでした。

行動は時間と同様、癒す薬ですね。

 

あなたのその痛々しい傷が少しづつでもどんどんきれいに癒えていきますように。
あなたの心の親友として、このブログでいつも待っていますね!
そして、もしもあなたが つら過ぎる場合は私(全国ZOOMスカイプオンライン可のメンタルコーチ)を含め専門家のドアをたたいてくださいね。お問い合わせ
タイトルとURLをコピーしました