毒親育ちを世代間連鎖させない・子どもをアダルトチルドレンにさせない方法

自分は毒親なのでは?毒親育ちの恐怖の乗り越え方

  • このままでは私が毒親になってしまうかもと、恐怖に感じている
  • もうすでに私は毒親なのでは?と罪悪感を感じている
  • 毒親的な習慣や行動、思考、癖などをやめたい
  • 絶対に、お母さん(毒親)の様な お父さん(毒親)みたいな 母親 父親 になりたくない
  • 両親(毒親両親)のような子育てをしたくない
  • 自分の子我が子には ACアダルトチルドレンではなく、普通の家庭の幸せな子として、さみしい思いや理不尽な思いをせずに、のびのびと、自己肯定感を持って、何の心配もせずにすくすくと幸せに育って欲しいと思っている
  • だから、何としてでもこの状況を乗り越えたい。毒親の連鎖を私の世代で終わらせたい。子や孫に連鎖させたくない。それだけはさせてはいけないと強く思っている

今回はそういった願いを持つ方のためにお話します。  

こちら↓の、より掘り下げた内容になっています  

あなたは幼少期、お父さんお母さんに対して、
↓こう思っていたのではないでしょうか?

  • 今、この、胸にある気持ちをわかってほしい
  • 口にした言葉の裏で、本当は強がっていることをわかってほしい
  • 家のことや兄弟のことを考えて、遠慮してるけど本当は甘えたいのわかってほしい
  • 私が何を好きで嫌いか知ってほしい
  • 兄弟たちよりも私を方を見てほしい
  • 私が生まれてきてうれしかったことや つながりをもっと聞かせてほしい
  • がんばっていることを見ていてほしい
  • 私の体や命を尊いと思ってほしい
  • 一緒に喜んでほしい
  • 一緒に悲しんでほしい
  • 揺れ動いている気持ち
  • 不安な気持ち 自分でもどうにかしないといけないけど、どうも出来ないこの状態をわかってほしい  

などなど、 いつもいつも、理解してほしかったですよね。

一番の味方でいてほしかったですよね。

そして、そういった要望に答えてもらえなかった。 そういうかなしい現実があります。

でも、あなたは自分のお子さんに(または未来のお子さんに) 同じ思いをしてほしくないと願っている。 とても素晴らしいお気持ちだと思いました

ご自分が十分な愛情をもらっていないのにも関わらず、 お子さんにはたくさんの愛情をあげたい。苦しんでほしくない。 親が毒親だという苦しみは私だけでたくさんだ、と。

もう、ここまで書いていても 胸が熱くなります。

さて、 どうしたらよいかお話ししていきますね

毒親育ちが、子どもにどう関わればいいのか実践編

親と子は100%は理解できない

子どもの気持ちを 理解できているつもりにならない

毒親やめたいカウンセリング

親子といえども違う人間。

いつも、「子どもはどう感じているかな」「子どもが言った言葉や態度の本当の意味は?」と考えてみてください。

子どもは嘘をつきます。 自分のためでなく、人のために、家族のためにも嘘をつくんです。

お子さんの深層心理、本当の気持ちを理解するんだ、知るんだ、という心構えでいつもいてあげてください。

難しく感じますか? 大丈夫ですよ。

お父さんお母さんがそういう心構えでいてあげられると、不思議なもので だんだんと伝わるようになっていきます。

でも、お子さんの気持ちは100%わかりきることはない、と言うことも、頭の隅において置いて下さいね。これも大事なポイントなんです。

お子さんは
親が自分を受け止め、理解してくれようとしている。それ自体が安心感であり、心の栄養です。  

子どもの気持ちに寄り添う

お子さんが困っている場面で、親は 「こうしなさい、ああしなさい」と言ってしまいがちです。

よかれと思ってアドバイスしてしまうんです。

「それで、どうしたいの?」も、ごめんなさい。だめなんです。

まずはじめに、お子さんがいった言葉をオウム返しにしてあげて下さい。

例「僕、○○したくない!」 「そっか、○○したくないんだね。」 「うん、だって×××だから」 「そっか、×××だから、○○したくないと思ってるんだね」 「うん、そうなの。」

お子さんはいったん、「僕にはどんな時にも味方がいる」と、落ち着きます。

これが、気持ちに寄りそうです。

まず、急いで解決しないことが大事です。

アドバイスは、お子さんの気持ち事態が切り替わってからにしてください。

お子さんと一つひとつこうやって信頼関係を築いていきましょう。

共感して、ゆっくりといい方向にむかうことが、 こじらせさせず、結局一番早いと言うケースも多いでのです。  

まとめ

子どもを取り巻く環境は多種多様なので、多少なりともアレンジが必要かもしれません。

それもあって、今回は基礎的で基本的なことだけお伝えしました。

何か少しでもヒントになればうれしいです。

お子さんのためにもご自分のためにも 肩の力を抜いて、子育てを楽しめたらいいですね。  

タイトルとURLをコピーしました