第14話 鬱と「生存確認」

鬱克服ストーリー(実話)

初めての方はこちらからどうぞ

 

友人Hさんから先日の写真のCD-Rが届きました。

Macを立ち上げて開いてみました。

 

(*゚.゚)ドレドレ?

 

キャア(*´ -`)可愛く撮ってくれてるー♪

 

 

小声「というか、はあ・・・・私って・・・へえ・・・・存在してるんだね」

 

 

(*゚・゚)ンッ?てことは

 

 

 

 

「ワァァァァァ・・・

 私って、ちゃんと生きてるんだね!!!!!」

 

 

 

 

写真になって初めて気づいたのかもしれません。

そうです。私は自分のことを長い間おざなりというか、おろそかに、後回しにしてきていたのです。

 

ですが Hさんによって、素敵な写真となって

 

私が形となって目の前に現たのでした。

 

想像以上のインパクト・・・。

 

やっと、やっと私と出逢えた・・・。

 

信じられないかもしれませんが、それくらい、自分の存在を

今まで、気持ちの中では消してしまっていたのでした。

これは今考えても「かなりヤバいことしてしまっていたんだ」と思います。

鬱になって当たり前じゃないですかね?

 

自分を感じないように

自分の気持ちを見ないように

どれだけ自分自身を「ない」ことにしてきていたんでしょうか。

 

 

そして・・・

 

 

「写真って、写真ってすごい・・・。」

 

そう思いました。

 

 

 

そして、自分がカメラを持ってることを思い出しました。

 

 

「昔、買った一眼レフカメラ、あれ、どこかにあるはず!」

 

 

押入れを探しまくってようやく見つけました。

 

 

何年か前に買ってはいたけれど、ほとんど手付かずでした。

 

 

「そうだった。何度か挑戦したものの、難しすぎてあきらめていたんだよね」

 

 

 

「何で私はカメラの使い方がわからないんだろう。ずっとずっとわからないままなんだろう。くやしいな・・・・」

 

 

このとき私は、本気で、本気で悔しかったのです。

 

 

>>>第15話 鬱に職業を取り上げられた私がとった行動

このHPのタイトル別←見やすいもの、ピンときたタイトルの記事からどうぞ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました