仕事 家事 勉強等のモチベーションが上がらない人が見落としている大切なこと~セルフコンパッション~

みんな、「モチベーションをUPするためのモチベーション」がないという現象に気づき出している。でも・・・。

モチベーションを上げる方法はたくさんネット上でも見かけるのに、モチベーションを上げるためのモチベーションの上げ方は見かけません。

自分に言い聞かせても

「私、仕事しなさい

 家事をがんばりなさい

 勉強もして

 筋トレもよろしくね。

 あ、もちろんこれ、毎日だから!」

脳内でこういう風に、自分に言い聞かせて、言い聞かせて、言い聞かせつづけて早〇年。

されども、モチベーションが一向に上がらない。

「いったいどうしたらいいの?私の何が間違っているの???」

って言いたくなりますよね。気持ちは十分あるのに、できない。続かない。

責任感の強い人でも

もしかして、私がちゃらんぽらんだからでは?

いいえ、決してそうではありません。

責任感のつよい方でもこうなるのです。

いいえ、責任感が強いからこそ、こうなるのです。

理由

モチベーションが上がらないのは、やるべきことにフォーカス(注視)しすぎて

自分への慈悲(慈しみ、情けをかけ、思いやる)の心がない。足りていない。からです。

 

わかりやすく言い換えると以下のようなことになります。

「自分を大切にしきれていない」

「心から、自分を愛していない」

「自分の気持ちをないがしろにしがち」

「自分の気持ちに寄り添えていない。それどころか、自分の気持ちをちゃんと感じたことすらない。」

 

もっとひどい方になると、

「自分に嘘をついている」

「自分の本心から逃げている」

「自分の気持ちを見たくない」

「自分の気持ちを見るのが怖い」

そういう気持ちをほったらかしにしているからなのです。

仕事家事勉強筋トレをやる前にあなたがやるべき大切なこととは?

では、そういったあなたが仕事家事勉強筋トレなどのモチベーションを上げるために何をすればいいのでしょうか?

もうおわかりですよね?

自分をいつくしみ、自分を思いやり、自分を大切にするということです。

自分に大切にされているという感覚があなたの心の中で、強いエネルギーとして循環し続けます!

それを使うのです!

モチベーションを上げる方法は自分への慈悲の精神=セルフコンパッションにあった。

親友のように自分を扱う

まずは、自分の気持ちに寄り添って、じっくりと気持ちを感じてあげて下さい。

例えば…

「最近ママ友の人間関係がつらいの」と自分が言えば、「そうか、、、そう思ってるんだね。つらいね。弱音を吐いていいんだよ。」と、まるで親友を受容するように、そばにいてあげるのです。

自分をしっかりと見ていてあげる。気持ちに寄り添ってあげる。

 

ほかにも、

「同僚の〇さんが先に出世して、毎日会社にいる限り嫉妬してしまう」という気持ちが出てきたのであれば、

「そうだよね。つらいよね。悔しいよね。泣いていいよ。」

その気持ちを十分に味わった後

「でも私も頑張っているわ。私のいい所は□□よ!足りていないところより、できていることを見ていきましょうよ!」

と、親友に言うように言っていきます。

 

自分を許せなくても大丈夫

また、自分の中で許せない自分があるとしたら・・・・

自分を許せない自分を丸ごと許します。

どんな自分でも、セルフコンパッションの考えに基づけば、許せるのです。

そうすることで、どんどん自分のことを認め、楽になって行きます。根拠のない自信もついて行きます。

ポイントは、誰とも比べないということ。そのまんまの自分でいい、ということです。

自己肯定感→モチベーションアップと順を踏む

それらを繰り返すうちに、自己肯定感がどんどん上がっていきます。

そうして、自己肯定感のUPしたあなたは

「今日もがんばろう!」という気持ちに心底なれるのです。

自分を奮い立たせるための「私よ、仕事を、家事を、勉強をやりなさい!」というきつい言葉はいらなくなるのです。

ウキウキ感と共に「私のために、(または家族のために)仕事やるぞ~家事やるぞ~勉強やるぞ~~!」と自然となるのです。

自分を愛することを習慣にしましょう!

このほか、自分を愛する方法はこちらにも書いていますので、ご覧になってみて下さいね。

 

あなたのモチベーションが上がって、少しでも早くゴールに近づけますように。

 

 

タイトルとURLをコピーしました