嫉妬を一瞬で終わらせ宝に変える方法。図解で

今回は嫉妬を一瞬で終わらせ、自分のエネルギー変換するスキルが身につく回となっています。

嫉妬・・・。

とっても嫌な気持ちになる感情です。

出来れば避けて通りたい道。

でも、生きていれば誰でも嫉妬することはありますし、

普通にごく自然な感情でもあります。

では、嫉妬をどう扱ったらいいのでしょうか?

まずは図解イラストを見てみましょう。

この「嫉妬」という感情は

受け止め方 によって、結果がすごく違うみたいですね!

自己肯定感の高い人は、

嫉妬の相手を一瞬は腹が立っても、その後

俯瞰(ふかん=客観的に見ること)して冷静に分析し、自分の成長へとつなげていきます。

反対に、自己肯定感の低い人は

どうしても、冷静に俯瞰したり、分析したり出来ないでいますね。

なので、ぐるぐると同じ思考を続けてしまう(それも最悪な感情で)

「反芻(はんすう)思考」に陥ってしまっています。

なぜそうなるのでしょうか?

やはり、自己肯定感が低い人は

相手のいいところを認めること」が

不得意、ありえない、無理ゲーのようです。

なぜでしょうか?

自己肯定感が低いと、自分をすばらしいと感じる能力(自己効力感)が

常にぎりぎりの状態で生きています。

なので、

「相手のいいところを認める」という行為をしてしまうと

あまりにも負担が大きく、一気にダメージを受けてしまうからです。

そのため、思考がストップしてしまいます。

それで結局のところ、エネルギーが枯渇し、何も出来なくなり、

さらに損をしてしまってるのです。

「負けるが勝ち」という言葉がありますが、

長い人生、いったんは負けても、

「今回は勝たせてあげる。でもその次で勝ってやるから」

くらいの余裕を常に持つことが大事になってきます。

自分の人生を長いスパンで捕らえ、(俯瞰)

自分の長所や勝ちパターンをしっかりと見据え、(長所をはっきりさせる、伸ばす)

挑戦する勇気が自分の中にある そのことに気づくことです。

他の誰でもない、「あなた」がまずあなたのよい所をみてあげるのです。

そういう 思考になると、

そういう目で自分を見るようになると、

余裕に繫がり、相手のよいところも認められ、

結局のところ、成長できる、成功に近づける

つまり、嫉妬してよかった

嫉妬=宝 くらいのことになるのです。

一瞬イラッとする嫉妬の感情は

反射的なもので、誰でも感じます。

ですが、その後をどうするか、なのです。

嫉妬の後の思考や行動は意識すると本当はこのように選べるんです。

すべては自分次第なのです。

今後、嫉妬した時は、冷静になって、

俯瞰し、分析してみませんか?

あなたの人生を、よりよいものにするために。

まとめ

嫉妬をしない人はいない

一瞬嫉妬をしてもそれはOK!

その「直後の思考」が鍵となる

日ごろから自分の長所を自分で把握しておく

嫉妬の直後はパニックにならずに客観視して分析

相手のよいところも認め(悔しいのは百も承知で)

次のチャンスを狙いに行く(ここ大事)

このHPのタイトル別←見やすいもの、ピンときたタイトルの記事からどうぞ。

>>>毒親克服シリーズ一覧へ

>>>鬱のやめかた(治し方)一覧へ

体験談:鬱克服ストーリー(連載中!)をのぞいてみる?