実はみんな今の自分を変えるのがこわい。鬱がよくなることがこわい。

「あなたは鬱を本当に克服したいのですか?」

こう聞かれたらあなたはなんと答えますか?

「はあ?克服したいに決まってるでじゃないの!」とおこりますか?

「克服したい」それはそうかもしれないですが、

100%そうだと言い切れますか?

心のどこかで、鬱を克服できても、性格や気持ちは

「今のままがいい」

「今のまま居よう」と思っていませんか?

違う言い方をすると

今の自分で居たい。まったく変わりたくない。

別の自分になりたくない。

そう、思っているということですよね。

今の生活や習慣を変えたくないのですよね

・・・・無理もないんです。

なぜなら・・・

そもそも人は変化を嫌う生き物だからです。

脳科学的にも・・・

今のままで現にこうして生きていられているから、脳は「無難にこの状態を続けよう」そう思うらしいです。

実は私もそうでした。

私の場合は

鬱になってしまったときですが、本当の自分に出逢えた気すらしました。

(実際は蓋をしていた気持ちに自分がやっと気づいてあげれたということだった)

繊細さやアートを見る目線、音楽や映画を見る気持ちが

とても芸術的でアーティスティックになった、と感じました。

窓から見える桜が散って舞っているのを見るだけで号泣していましたので。

そしてそれを手放したくないと思いました。

しかし、鬱を克服することは、こうなっている自分とさよならすることだともわかっていました。

少し悩みました。

そして、

「やっぱり鬱を克服しよう。今の自分じゃなくなっても。繊細じゃなくなるだろうけど、違う気持ちになってしまうかもしれないけど、こわいけど。

それよりも、欲しいものがいっぱいあるよ。したいことが山ほどあるよ! 鬱を克服したい・・。私は鬱をやめる。」

と決心しました。

変化することを受け入れました。

鬱を克服することを、鬱じゃない自分になることを許しました。

鬱を克服するには

自分が変化することを許すこと。

違う自分になる決心をできるかどうかです。

私は決心して、克服しました。

あなたはどうしたいですか?

このHPのタイトル別←見やすいもの、ピンときたタイトルの記事からどうぞ。